くまひげOffice365の日記

主にクラウドについて勉強した事柄を投稿して行きたいと思います。

Office365 って、どんな事ができるのですか?

一言でいうのは難しいのです。名刺交換で、Office365 って何ですか?と尋ねられると嬉しくなってついつい早口でたくさんの事を説明してしまいます。すると「難しそう。」「わからない。」と言われてしまう。という苦い経験があります。ですから、ここでは簡単にします。

その後、時間は掛かりますが少しづつ kuma が体験している事柄などを加えて説明して行きたいと思います。

下記の図はマイクロソフト社が説明に良く使う全体図を kuma がフリーのアイコンを組み合わせて似せて作成した図です。
いろんなところで説明に使うのでチョット苦労して作成しました。


Office365 Business / ProPlus
これは、皆さんがいつも使っている Word 、Execl 、PowerPoint です。今でいえば Office2016 です。
次回に説明しますが、Office365 には色々なプランがあり、この Office 製品が含まれるプランと含まれないプランがあります。

Exchange Online
メール、スケジュール(予定表)、タスク管理などを行います。
デスクトップパソコンで、メールの返信やスパムの削除、フォルダの整理など行った後、外出先でノートパソコンやスマホでメールを見るとデスクトップで行った後と同じ内容で見る事が出来ます。最高に便利です。

SharePoint Online
お知らせ、掲示板、アンケート、チームサイトの作成、ファイル共有やデータ共有などが行えます。
この SharePoint は凄いです。面白いです。この情報が一番多くなるでしょう。ワクワクしてきます。楽しみにして下さいね

OneDrive for Business
会社で仕事をしている時、自分だけが使う Word ファイルや Excel ファイルなど、又、自分が作成したファイルでも特定の人とだけ共有して使うファイル等で自分専用の保存場所です。一人で 1TB の容量のファイルが保存出来ます。尚、ここに保存したファイルはタブレットスマホでも簡単に見たり編集したりする事も出来ます。

Skype for Business
ノートパソコンならそのままの状態で、デスクトップパソコンならヘッドセットとWEBカメラを準備するたけでWEB会議やWEBセミナーなどが行えます。


ここまでが Office365 の一般的な機能です。
しかし、Office365 は、今でも更に進化中です。初期バージョンには無かった機能で、Yammer、Delve、Video、Sway、Planner、PowerApps、Flow などがあり、SharePointの中には Access アプリやワークフローなどもあります。更にまた、Social Engagement、Teams などのアイコンが追加されています。

ホント、Office365 は面白いです。これから頑張って魅力を伝えて行きたいと思います。