くまひげOffice365の日記

主にクラウドについて勉強した事柄を投稿して行きたいと思います。

メールの設定について、ライセンスが絡むので迷います。

Exchange を使うにはライセンスが必要です。

kuma のユーザー様では、最初は1人で使ってみる。とか、まずは2人で使ってみる。という状況で、中小・零細企業では会社全員が一斉に使うというのはライセンス料の兼ね合いでとても難しい状況です。ですからユーザーさんはドメインを設定した快適なメール環境を経験する事が出来ない状況です。


Office365 を導入した後、メール環境はどうするの?

独自ドメインを設定して使用する。
社員全員分のライセンスを購入し、自社のドメインを指定して使用する。
これだとメール環境、スケジュール管理などチームや部署で共有もでき、最高の使い方が可能となります。

②MSで準備されている onmicrosoft.com を使う。
会社を設立したばかりの会社だったら問題無いのですが、今まで取引しているお得意さんに対してメールアドレスの変更のお知らせが必要になります。
又、今までの gmail や yahoo メールと onmicrosoft.com メールを使い分けて使用するか、会社全員で、Onmicrosoft.com に変更する。など中々難しいですね。

③メールは、今まで通り
Office365 を導入しても、メール機能は、Exchange を使わす Outlook に POP や IMAP 設定をして使う。
Office365 の他の機能を使って、全員で使える。と経営者が判断した後、ドメイン設定をして全員で使うようにする。

このように Office365 の中で、メール、予定表など Exchange 部分を使うユーザーはチョット絞られるようです。しかし、この Office365 Exchange が使えなくても各プランの料金だけの価値は大いにあると kuma は思います。なぜなら簡単に考えても OneDrive for Business で 1TB SharePoint 部分で 1TB 合わせて最低 2TB の容量が使えるのでこの部分の料金だけでも他社のサービスと比較しても Good です。これ以外にもまだまだビックリするような機能が含まれていますので、乞うご期待下さい。

kuma は文章書きが苦手です。又、MSのサポートでもないので間違っていたり、クラウドだから既にバージョンアップで変更されているかも知れません。
その時は、ココの説明がわからん。ココ間違っているよ。と遠慮なく指摘して下さいネ。直ぐ対応して訂正を行います。